銀座ジラフ

キャバクラ、キャバレー、クラブ、ラウンジの違いを徹底解説


東京の夜のお店を知るためには、キャバクラやキャバレーなど、呼称が違う女性がいる店舗の違いについて理解しておくことが大切です。
夜のお店を満喫するために、知っておきたい呼称別の違いについて詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

キャバクラとは?

夜のお店としても代表的なキャバクラは、キャバレークラブが正式名称で、キャバレーのような会計システムで、クラブのようなおもてなしを体験できるという意味があります。

時間料金や指名料を支払うことで、女性と楽しい会話を楽しむことが可能です。
20代前後の女性が綺麗なドレスを着て接客してくれることがほとんどで、雰囲気はとても華やかな印象があります。

サラリーマンが一人で来ることも多いのですが、接待で使用されることもあるので、幅広い活用がされているのが特徴です。

キャバレー

全国各地の歓楽街で店舗を構えることが多いキャバレーは、基本的にはお酒を楽しむ場として設けられ、店内に用意されているステージで、ダンサーや歌手によるショーが開催されるのが特徴です。

ステージで行われるショーを観ながら、女性とお酒を楽しむことができるのが、キャバレーの魅力になります。店内にショーが用意されることから、スペースは広く、ゴージャスな雰囲気があるのが特徴的です。

キャバクラよりも、意外とリーズナブルな金額設定が出されていることもあるので、事前に料金システムの確認は行っていた方がいいでしょう。

クラブとは?

時間料金制で指名料があるクラブは、キャバクラのようにお客様に隣接して座るのが基本で、キャバクラと同じような形態のようなものです。
高級感があり、高い接客能力を求められることが多いのが、キャバクラの特徴になります。

大人の落ち着いた社交場という印象があり、着物で接待を行うクラブもあると言われているので、クラブによっても特色が異なるでしょう。

客層の年齢は比較的高く、1度に支払う金額も高額になることが予想されます。中には一見さんお断りのクラブもあると言われているので、事前にリサーチしておくことが大切です。

ラウンジとは?

クラブと同じような形態から、同様にみられることも多いのですが、どちらかというとクラブよりもハードルは低い雰囲気があります。
クラブよりも気軽に入ることができ、キャバクラよりも落ち着いて見えるのが特徴です。

働く女性の年齢層が比較的高めなのもラウンジの特徴の一つになります。
支払う料金形態としては、クラブとキャバクラの中間といった印象があるでしょう。

ガールズバーとは?

近年増えている傾向にあるのがガールズバーです。
女性が全員バーテンダーで、バーカウンター越しに女性が接客するのが特徴になります。

時間料金だけではなく、席料とお酒代がかかり、スタッフが飲むお酒の支払いもお客様支払いとなるのが特徴の一つです。

キャバクラやクラブとは違い、隣で接客することができないスタイルなので、キャバクラやクラブで慣れているお客様には物足りない可能性があります。

来店する客層も比較的若い印象があるのがガールズバーの特色ともいえるでしょう。

まとめ

キャバクラやキャバレーなど、呼称別に特徴を解説していきましたが、どれも仕事の形態が微妙に違うことがわかりました。同じような接客の店舗と考えて入っても、いざ接客してもらうと全然違うといった印象を受けることもあるので、事前に把握しておくことが大切です。

他にもパブやスナックといった夜の店舗もあるので、間違えないように、事前に違いを把握しておくようにしましょう。料金形態も異なることが多いので、間違えのないようにお店に入ることが重要です。

大人が夜のお店で楽しむコツとしても、女性が接客してくれる店舗に足を運ぶことは大切なので、一度社会経験として、入ってみてはいかがでしょうか。